会社名・組織 : 上海趨視藍城信息科技(中国)
方式・名称  : ToF技術とAIアルゴリズムで高齢者の転倒を検知

IoT データ処理 分析に関する記事

中国では65歳以上の高齢者のケガによる死亡は転倒が多いため、転倒予防が重視されている。AIoTプラットフォームを構築して、姿勢の注意喚起、健康データの管理・分析などのスマート見守りサービスを提供する。電子デバイスはToF(Time Of Flight)センサーを通じて、ある場面の環境・物体・人体の深度データ収集とリアルタイムの画像生成をサポートする。収集されたデータはAIアルゴリズムによって、距離と大きさの測定や動きの捕捉に使われる。ToFの深度データに基づいて構築されたAIアルゴリズムのエキスパートシステムと深層学習ネットワークによって、転倒、座位、臥位、歩行など姿勢を正確に認識できる。

URL : https://36kr.jp/226054/

  • 業種分類
  • 医療、福祉
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 中国
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2023.4.27
  • リリース日
  • 2023/05/01