会社名・組織 : ソフトバンク、京都府亀岡市
方式・名称  : SmaGO(IoTゴミ箱)

IoT 各種システムに関する記事

亀岡市の「ポイ捨てごみゼロプロジェクト」において、LINEを活用した「ごみ投稿メニュー」で収集したポイ捨てごみのデータによって「SmaGO」の設置場所を決定した。「SmaGO」はソーラーで発電・蓄電した電気を使い、ごみを自動圧縮することで、同サイズのごみ箱のごみの量を5分の1から6分の1にして捨てることが可能。また、中にあるごみの量をセンサーで把握し、適切な回収タイミングを通知することで、回収の頻度とコストを大幅に削減し、回収作業に伴うCO2排出量も削減する。

URL : https://www.softbank.jp/sbnews/entry/20221006_02

  • 業種分類
  • 公共
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 京都
  • リリース日
  • 2022/10/01