会社名・組織 : 日本鋳鉄管、Fracta(米)、兵庫県朝来市
方式・名称  : AIによる水道管路劣化診断業務

IoT データ処理 分析に関する記事

朝来市が管理する管路データ(配管データ・漏水履歴等)に対して、Fracta が構築した環境ビックデータとAIを用いて、張り巡らされた配管の破損確率を詳細に算出し、朝来市の管路更新事業及び水道管の漏水防止並びに維持管理を効率的に推進するため、網羅的・総合的に劣化診断を実施する。また、劣化診断に際して行う配管データの精査(例えば、誤植や欠損値の補完等)において、Fracta技術の駆使により、配管データの精度を向上させ、不足データを補完し管理台帳整備を行う。これにより、更新投資の最適化が可能となり、ひいては管路全体の長寿命化、SDGs の向上に資するものと期待している。

URL : https://www.nichu.co.jp/wp-content/uploads/2021/05/PDFsam_merge.pdf

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 教育・コンサルタント
  • 対応地域
  • 兵庫
  • リリース日
  • 2021/03/01
通信分類9_1