会社名・組織 : 東設土木コンサルタント、キヤノン
方式・名称  : 遠方自動撮影システム

IoT データ処理 分析に関する記事

損傷写真の整理の評価では,ひび割れのAI自動解析により0.05mmまでデータ判読可能なことだけでなく,解析結果を取込み調書類の自動出力等が 可能である。ひび割れの解析は細かいものを記録するのではなく,構造物の目的や設計,管理事業者ごとの点検の要領にあわせて, 適切な解析・記録を行い、構造物の評価を適切に行うためのデータを蓄積する。

URL : http://www.tousetu.co.jp/topics20.7.6.html

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2020.7.27
  • リリース日
  • 2020/09/01
通信分類9_1