Constrained Application Protocol
HTTPにとてもよく似ているが、TCPパケット上ではなく、TCPの代替として開発された、より軽量なデータ転送フォーマットであるUDP上で機能するプロトコルである。