IoTデバイスのなりすましとしては、以下のような例が考えられる。①ユーザIDとパスワードを盗み、システムにアクセスし活動する②特定のIPアドレスのマシンからのアクセスしか許可しないように設定されたサーバーに対して、送信元のIPアドレスを偽装・操作して、アクセスを許可されたマシンのふりをする。