• 略号
  • 英訳
  • 邦訳
  • 説明
  • decision tree

  • 決定木

  • 決定木は、意志決定を助けることを目的として作られる木構造の特別な形である。 決定理論の分野において、 決定を行う為のグラフであり、計画を立案して目標に到達するために用いられる。

  • Bayesian network

  • ベイジアンネットワーク

  • 因果関係を確率により記述するグラフィカルモデルの1つで、複雑な因果関係の推論を有向非巡回グラフ構造により表すとともに、個々の変数の関係を条件つき確率で表す確率推論のモデルである。

  • clustering

  • クラスタリング

  • 多数の低廉なコンピュータを、特別なソフトウェア・ハードウェアを用いて、あたかも1つの大きなコンピュータとして利用できるように接続すること。

  • deep learning

  • 深層学習

  • 人間が自然に行うタスクをコンピュータに学習させる機械学習の手法のひとつである。

  • GA

  • genetic algorithm

  • 遺伝アルゴリズム

  • データ(解の候補)を遺伝子で表現した「個体」を複数用意し、適応度の高い個体を優先的に選択して交叉(組み換え)・突然変異などの操作を繰り返しながら解を探索する。

  • IBM Watson

  • IBMが開発した質問応答システム・意思決定支援システムである。「人工知能」と紹介されることもあるが、IBMはワトソンを「Augmented Intelligence、拡張知能」、自然言語を理解・学習し人間の意思決定を支援する『コグニティブ・コンピューティング・システム(Cognitive Computing System)』と定義している。

  • neural network

  • ニューラルネットワーク

  • 脳機能に見られるいくつかの特性に類似した数理的モデルである。

  • Reinforcement learning

  • 強化学習

  • ある環境内におけるエージェント(ユーザーや他のソフトウェアの代理・仲介を果たすソフトウェア)が、現在の状態を観測し、取るべき行動を決定する問題を扱う機械学習の一種である。

  • Supervised learning

  • 教師あり学習

  • コンピュータにラベル付きのデータで学習させる方法を「教師あり学習」と呼びます。

  • SVM

  • support vector machine

  • サポートベクターマシン

  • 教師あり学習を用いるパターン認識モデルの一つである。