会社名・組織 : フジタ、三井三池製作所
方式・名称  : AIロックローダ(山岳トンネル用AI機能付き積み込み機)

IoT データ処理 分析に関する記事

山岳トンネルで、発破後に切羽から運搬されたずりをかき寄せる掘削ブームと機械後方へ直接ずりを排出し、重ダンプなどに積み込みを行う排土ベルコン、機械運転席前方に配置したセンシング機器、GPU盤(AI自動運転盤)などで構成する。切羽の後方に設置し、仮置きした発破後のずりをAIが認識して重ダンプなどの運搬機械に自動で積み込む。ずりのかき込みから積み込みに要する人手が不要となり、AIセンシングにより近接する人や機械を検知し、自動停止するなど安全面にも配慮している。徳島県の羽ノ浦トンネル工事で実証した。

URL : https://www.decn.co.jp/?p=144993

  • 業種分類
  • 建設業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 徳島
  • リリース日
  • 2022/8/1