会社名・組織 : 岩谷産業、JDSC
方式・名称  : フレイルリスク検知の高度化・予防サービスの開発

フレイルリスク検知の高度化・予防サービスの開発に向け、ガス・電力使用量データから家庭内の行動を可視化するAI開発の実証実験を開始した。IoTプラットフォーム「イワタニゲートウェイ」で家庭のガス・電力使用量データを収集し、データを分析することで、電力使用量データだけでは読み取りづらい「食事」や「入浴」といった宅内行動の変化を読み取り、可視化することを目指す。

URL : https://jdsc.ai/news/news-1031/

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業) 医療、福祉
  • 製品分類
  • マネジメント
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2022.4.26
  • 日付
  • 2022年3月 開始
  • リリース日
  • 2022/5/1