会社名・組織 : 旭化成ホームズ
方式・名称  : DXを用いた太陽光パネル施工管理システム

IoT データ処理 分析に関する記事

独自開発のシステムを組み込んだインパクトレンチ(ボルト締め器具)を利用し、ボルトを締める際に発する超音波を、器具に内蔵したシステムが判定し、適正な締結音に達した時点で工具を自動停止するように設定。締めたボルトの数と時刻に関する情報は、クラウド上に設定された顧客データベースに自動でアップロードされ、いつ・誰が・何本のボルトを適正に締めたかという記録が残る。予め設定した箇所のボルト締めが終了した時点で、音声認識アプリをインストールしたスマートフォンとつないだ、ウェアラブル端末のBluetoothマイクに「締め付け完了」と話しかけることで音声認識アプリとの会話を開始する。

URL : https://www.asahi-kasei.co.jp/j-koho/press/20220329/index/

  • 業種分類
  • 建設業 製造業 インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2022.4.6
  • リリース日
  • 2022/4/1