会社名・組織 : イームズロボティクス
方式・名称  : ドローン用リモートIDソリューション

IoT 各種システムに関する記事

ドローンの機体登録制度では、有人地帯における補助者なし目視外飛行(レベル4)に関わる法整備の一環として、100g以上の全ての無人航空機に対して登録記号(ID情報)を発信する仕組み「リモートID」の搭載が義務付けられる。リモートID送信機は60×30×22mm、重さ33gとコンパクトな設計となっており、約120mmのリード型アンテナを装備。通信はBluetooth5.0を使用し、最長1,500m先にも電波を飛ばすことができる。受信機で得た情報はイームズロボティクスが提供するクラウドサービスと連携し、飛行中のドローンの種別判定や過去の飛行データログの抽出をすることで、地図上に飛行経路を反映させることができるようになる。

URL : https://eams-robo.co.jp/news/

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業) 運輸 医療、福祉
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 部品販売
  • 対応地域
  • 福島
  • リリース日
  • 2022/4/1