会社名・組織 : AZAPA
方式・名称  : 既存車両を利活用した遠隔操作システム及び付随する技術支援サービスの提供

IoT 運輸に関する記事

遠隔操作システムは、以下の3つのシステムにより構成される。① 遠隔用車載システム : エッジコンピュータやカメラなど、② サーバ環境 : クラウドなどで構築したデータ管理や処理を行う、③ 遠隔操作環境 : 車両操作デバイスや映像表示モニタなど。車両から取得した稼働状況や燃料/バッテリー残量などのデータをLTEや5Gなどの通信を介してクラウド上のデータストアに蓄積すると共に、リアルタイムに遠隔操作環境で確認することができる。また、蓄積されたデータから車両稼働率や稼働時間などを分析する事が可能なため、故障予測はもとより、位置情報と車両稼働のデータ分析で生産性を向上させるためのPDCAを回すことにも寄与する。

URL : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000034.000025116.html

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 愛知
  • リリース日
  • 2022/4/1