会社名・組織 : アステリア、岡谷エレクトロニクス、岐阜工業高等学校
方式・名称  : IoTセンサーを使ったCO2濃度検知ソリューション、AIカメラによる人数検知システム等を開発

IoT 各種システムに関する記事

設備システム工学科の生徒が所属する「設備システム研究部」では、プログラミングやAI、IoTを学べる教材としてGravioに着目。プログラミング未経験者の2年生部員4名が、プログラミングが重視される新しい教育課程に向けた実証プログラムに基づく実習を開始し、わずか2ヶ月で空気の清浄度の計測や、新型コロナウイルスの感染対策でも重要とされているCO2濃度を検知できるソリューションを構築。さらにはカメラAIによる人数検知システムなど、Gravioを利用して全てノーコードで開発した。Gravioは、データ連携ツールをIoT向けに進化させ、AI機能を搭載したエッジコンピューティング型のIoT統合ソフトウェア。

URL : https://www.asteria.com/jp/news/press/2022/03/30_01.php

  • 業種分類
  • 教育
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 教育・コンサルタント
  • 対応地域
  • 岐阜
  • リリース日
  • 2022/4/1