会社名・組織 : 京都セラミック、長崎大学
方式・名称  : スマートブイ

IoT

安定した海洋データの収集を目指した「エナジーハーベスト型スマートブイ」を開発した。長崎大学が開発した潮流発電システムを搭載したブイに、京セラ製の「GPSマルチユニット」を搭載。加えて用途に応じたセンサーを接続できる。潮流発電システムはブイと発電部が分離したSLTT(Small Lens type Tidal Turbines)とブイと発電部が一体になったVTT(Vertical axis Tidal Turbines)の2種類で、データの通信にはLTE-Mを用いている。

URL : https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1338142.html

  • 業種分類
  • 漁業 運輸 公共
  • 製品分類
  • デバイス・センサー
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 長崎
  • リリース日
  • 2022/4/1