会社名・組織 : アズビル、関西電力
方式・名称  : プラント向け異常検知システム

IoT データ処理 分析に関する記事

アズビルと関西電力は、AIを活用し発電設備を主な対象とした異常検知システムの共同開発を進めている。関西電力が持つ火力発電に関するO&M(Operation & Maintenance)や大量の運転データおよび異常検知ツールの運用ノウハウと、アズビルが持つ異常予兆検知システム BiG EYESおよびAI開発・運用に関するノウハウを集約して、発電設備を主な対象とした異常検知システムの開発・展開を目指す。関西電力とアズビルは、BiG EYESを基に、設備異常検知の網羅性と機能構築のさらなる効率化を実現する発電設備を主な対象とした異常検知システムの開発に向けて共同で取り組んでいく。

URL : https://www.azbil.com/jp/news/210915.html

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 大阪
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2022.2.11
  • 日付
  • 2022年10月 販売開始
  • リリース日
  • 2022/3/1