会社名・組織 : NECネッツエスアイ、住友理化
方式・名称  : バイタルセンサーを活用したホテルサービスの実証実験

住友理工が開発した「モニライフ」でホテル宿泊者の就寝時における心拍や呼吸などのバイタルデータを取得し、睡眠状態を見える化するとともに、それらをRMS(ルームマネジメントシステム)と連携させ照明や空調の自動制御を行い、質の高い睡眠環境の提供や効率的な客室運用に活用することを目的としている。客室ベッドに設置した「モニライフ」から宿泊者の就寝時のバイタルデータを取得し、睡眠深度や睡眠効率等の睡眠時の状態をレポート提示。「モニライフ」から得られる睡眠状態情報とRMSを連携し、客室照明の自動制御を実施する。

URL : https://www.nesic.co.jp/news/2022/20220118.html

  • 業種分類
  • 宿泊業・飲食サービス業 医療、福祉
  • 製品分類
  • マネジメント
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 沖縄
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2022.1.26
  • 日付
  • 2022年1月 実施
  • リリース日
  • 2022/3/1