会社名・組織 : 近畿日本鉄道、ソフトバンク、アムニモ
方式・名称  : 踏切遠隔状態監視システム

IoT ネットワークに関する記事

踏切設備から取得した動作記録や監視カメラの映像を、ソフトバンクのLTE回線を利用して伝送している。踏切設備の動作記録装置と監視カメラを、アムニモが提供するLTE回線対応エッジゲートウェイ「AG10」に接続し、さらにソフトバンクが取り扱うリモート接続サービス「remote.it」を利用して、管理者のパソコンへデータや映像を伝送する仕組みになっている。「remote.it」は、グローバルIPが不要で、プライベートIP同士のピア・ツー・ピア(P2P)通信ができるため、外部からの不正アクセスや盗聴のリスクを低減しながら、セキュアにデータを伝送することが可能。

URL : https://amnimo.com/news/20211208_pressrelease_1/

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • ネットワーク
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 大阪
  • リリース日
  • 2022/3/1