会社名・組織 : 西武鉄道、沖電気工業、丸紅ネットワークソリューションズ
方式・名称  : 踏切滞留AI監視システム

IoT データ処理 分析に関する記事

監視カメラによる踏切滞留AI監視システムを用い、踏切遮断かんの降下後に踏切内に滞留する自動車や人を、高精度・リアルタイムなAI画像処理により検知する。特殊信号発光機と連動させて滞留の発生時には接近する列車の運転士へ異常を知らせ、踏切事故の未然防止につなげる。踏切内に滞留する自動車などの物体を検知するだけでなく、骨格検知により人の滞留も検知することができる。AI画像処理はエッジ側で行うため、「AIの目」がとらえた複数の画像をその場でリアルタイムに処理し、滞留を検知した際には現場の特殊信号発光機と直接連携して、列車の運転士に迅速に異常を知らせることができる。

URL : https://www.oki.com/jp/press/2021/11/z21073.html

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2022.1.14