会社名・組織 : NTTコムウェア、NTTドコモ
方式・名称  : AI河川監視システム

IoT データ処理 分析に関する記事

ソフトウエアに基づく「仮想水位計」によって遠隔地からでも水位を推し量れる仕組みとし、一般的な計測機器を使う場合に比べて設置費用を10分の1程度に抑える。事前に管理画面を操作して河川の画像上に仮想的な水位計を設定しておく。実際の河川の付近には通信機能を備えたカメラを置き、水面の状況を撮影する。大雨などの際は管理画面上でも水面の位置が変化し、AIが実際の水位を推し量ったり、将来の水位を予測したりする。

URL : https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/newswitch/business/newswitch-30386

  • 業種分類
  • 公共
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 兵庫
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2022.1.11
  • 日付
  • 2022年度 商用化