会社名・組織 : ユビキタスAIコーポレーション、AtomBeam Technologies(米)
方式・名称  : AtomBeam(IoT データ圧縮・セキュア通信AI ソリューション)

IoT データ処理 分析に関する記事

AI データ・コンパクションにより、従来のファイルデータ圧縮技術とは全く異なる方法で、セキュリティを確保しつつ非常に効率的にデータをエンコードし最小化することで、IoT/M2M データ伝送量を70-90% 削減する。AI エンジンが、伝送データを機械学習し、頻出データパターンとCodeword と呼ばれるメタデータを関連付けた結果を、Codebook と呼ばれる辞書に保存する。運用時は、送信側と受信側で同一の辞書を保持し、伝送路上は元データを極小化したCodeword だけが送信されるため、最大90% という大幅なデータ伝送量の削減を可能とする。データタイプを個別に学習するので、さまざまな用途で使用できる。

URL : https://www.ubiquitous-ai.com/products/atombeam/

  • 業種分類
  • 製造業 インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業) 情報通信業 運輸 ビル・住宅
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2022/2/1