会社名・組織 : 日立製作所、東日本旅客鉄道、野村不動産
方式・名称  : ワーキングスペース利用に関する実証実験

IoT 各種システムに関する記事

鉄道の運行情報とワーキングスペース利用状況等のライフログを活用した、新たなユーザ体験の実現に向けた実証実験を開始する。JR 東日本が提供する運行情報、野村不動産が提供するサテライト型シェアオフィス「H1T」、日立製作所が提供するマッチングおよびデジタルサイネージの基盤技術とライフログ活用の知見を組み合わせ、ワーキングスペース等のデジタルサイネージへ運行情報を表示する「運行関連コンテンツ提供サービス」と、参加者の位置情報を加味して移動しやすいワーキングスペースの検索・予約情報の提供を行う「マッチングサービス」の 2 サービスの検証を行う。

URL : https://www.jreast.co.jp/press/2021/20220203_ho01.pdf

  • 業種分類
  • 運輸 ビル・住宅
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 東京
  • 日付
  • 2022年2月開始
  • リリース日
  • 2022/02/01