方式・名称  : IoT Marketing Platform 漁業に関する技術

会社・組織方式・名称

技術の対象

地域
内容
ARK、リアルテックホールディングス、JR 東日本スタートアップ、福島県浪江町小型・分散型の閉鎖循環式陸上養殖システム

陸上養殖、遠隔監視

福島
大型の陸上養殖と比較して、初期費用を1/100、付属設備のIoT化により運用費を1/3まで削減することで、今までアクセスできていなかったプレイヤーが陸上養殖を行うことが可能となる。さらにエネルギー源として太陽光や風力等の再生可能エネルギーを活用することで、ゼロエミッションでの陸上養殖を目指す。システムは9.99㎡のコンテナサイズであるため、広大な土地を必要とせずに設置が可能となり、消費地の近くで新鮮な海産物を提供することも可能となる。
ヤマハ発動機、Siren Marine(米)コネクテッドボート

船舶

静岡
Siren Marineは、ボーティングを楽しむ客へ安心感を提供するために、スマートボートテクノロジーの活用を提案する企業。これまでに、バッテリー残量、ビルジ水の状況、陸上からの電力供給状況などボーティングには欠かせない情報を管理・モニターできるデバイスやソフトウェアを開発・販売してきた。また、ボート位置情報のトラッキングを活かし、ボートへの不当な侵入や盗難からお客さまを守るサービスも提供している。ヤマハ発動機はSilen Marineを買収し、マリン領域におけるIoT対応、デジタルトランスフォーメーションの加速による付加価値の高いサービスや製品を提供していく。
KDDI、KDDI総合研究所、プロドローン、シー・エフ・デー、QYSEA水空合体ドローン

ドローン

東京
水空合体ドローンは、空中ドローンと水中ドローンが合体し、空を飛び、水に潜ることができるドローンで、モバイル通信にも対応しており、自律飛行・遠隔操作および、空中・水中カメラの映像のリアルタイム伝送が可能。さらに、音響測位装置により、衛星利用測位システム (GPS) が使えない水中でも位置情報を確認しながら潜航・撮影を行うことができる。
ArchiTekaIPE(ArchiTek Intelligence Pixel Engine)

ドローン

大阪
様々な用途に応えられる柔軟性と、小型・低消費電力を実現するアーキテクチャ(プロセッサの基本構造)。映像を同時に複数の処理が可能なため、監視カメラによる防犯や見守りなどに活用できる。また軽量・小サイズのICチップ搭載が可能なので超小型ドローンなど農業、漁業、林業の機械への搭載といった一次産業への展開、応用も可能。ウエラブルデバイス、FA 機器、物流機器はもちろん、自動運転やAI家電などへの応用も期待できる。aIPEを搭載したLSIやIP(Intellectual Property)で、AIをスマートに実行するソリューション(AiOnIc)で実行する。
優魚技術(中国)U魚(水質モニタリングシステム)

遠隔監視

中国
スマート養殖を手がけるスタートアップ「優魚技術」が水質モニタリングシステム「U魚」を開発し、水質や溶存酸素量、pH値、水温などを直観的に把握できるようにした。その後、リリースされたU魚アプリは、水質モニタリング、スマート制御、給餌器などスマートデバイスと連動させて使用できる。
ウフル、奥村組陸上養殖における遠隔監視システム

陸上養殖、遠隔監視

茨城
奥村組は、閉鎖循環式陸上養殖事業への参画を目指し、技術研究所内において、陸上養殖技術に関する実証実験を開始した。水槽には、水質・酸素濃度センサーや監視カメラで水槽の様子を常時監視・記録できるシステムを導入し、停電時や水質異常が発生した際に即座に対応できるようアラート機能も装備している。ウフルはSalesforce UIのダッシュボード機能と連携し、データ蓄積・分析基盤を確保。各系統に設置されたデバイスから取得した水質データや映像データをクラウド上でデータ管理し、可視化する。センシングデータの自動記録や、水質異常があった場合のアラート通知などカメラシステムとも連携し、遠隔からの水槽監視を可能にする。
埼玉工業大学、籠島装業小型船舶での自動操舵実験

船舶

群馬
埼玉工業大学と群馬ボートライセンススクールを運営する籠島装業(群馬ボート)は、小型船舶の自動操舵技術の開発に関する協力体制を構築した。群馬県と埼玉県にまたがる下久保ダムの神流湖において、群馬ボート所有のクルーザを使用した自動操舵の技術の実験を開始した。両者の協力体制により、自動操舵技術の効率的な開発を目指す。
KDDIスマートドローン

ドローン

東京
スマートフォンと同じモバイル通信に対応したスマートドローンは、遠隔監視操作により、人に代わり荷物を運んだり、建設、農業、インフラ、災害の状況をリアルタイムに把握することができる。LTE経由で制御、運行管理可能なドローン機体と、飛行ルートの作成から制御、運行管理、撮影映像管理可能な飛行制御システム、高精度測位システム、AI検知システム等を提供する。
三重県、NTTアグリテクノロジー、ミキモトIoTを活用した真珠養殖業の活性化

遠隔監視

三重
英虞湾において、環境変動に対応できるIoTを活用したアコヤ貝の適切な養殖管理手法の開発に着手するとともに、本プロジェクトで得られた結果をもとに取組の範囲を広げて、真珠養殖業の生産性向上及び活性化をめざす。海洋環境の各種センサー(海洋IoTセンサー)と、貝リンガル(貝の開閉運動を可視化するセンサー)を活用し、海洋環境と貝の開閉運動のデータ蓄積、及びそれらの相関関係の解析を行う。また、異常検知時のアラート通知によるアコヤ貝のへい死被害の回避等の検証を行う。通信環境については、英虞湾全体の真珠養殖場への拡大を見据え、 LPWA 等にて通信環境を構築する。
NECネッツエスアイ、ウミトロン、林養魚場陸上養殖プラント用自動給餌システムの共同開発

陸上養殖、遠隔監視、AI

福島
AIにより餌やりを自動化・効率化することで陸上養殖事業に携わる作業者の負荷軽減と事業運営の合理化を実現する。林養魚場の養殖ノウハウおよび陸上養殖技術を基に事業化済みの養殖プラントと、ウミトロンが摂餌解析技術、 NECネッツエスアイの魚体測システムとデータ統合技術を組み合わせて開発を進めている。NECネッツエスアイは、画像解析を用いたAIによる魚体重自動測定システムの導入、および取得されたデータを基に生育効率の可視化を実現するツールを開発する。ウミトロンはAIによる画像解析を用いた魚の接触状況の分析と、これらのデータを活用した遠隔で自動操縦可能な給餌システムを開発する。
Uhuru United(英)、Signify、Optoscale AS、SB Telecom Europe海面養殖データ事業のパイロットプロジェクト

遠隔監視

ヨーロッパ
スコットランドのバットコールにおいて、海面養殖分野のデジタルトランスフォーメーションを加速し、養殖場の持続可能性、生産性、運用効率の向上を目的として、コンソーシアムを発足し、130万ユーロ(約1億6,900万円)のパイロットプロジェクトを開始した。複数のデータソースを組み合わせた単一のソフトウェアパッケージを作成し、オープンデータ・プラットフォームを構築して、養殖事業者が現場から得る様々なデータを一元的に管理・運用できるようにする。
東京都⽴産業技術研究センター、Upside、⼋重⼭漁業協同組合、公⽴はこだて未来⼤学パヤオナビ(IoT利用による漁場選択支援システム)

遠隔監視

沖縄
‘漁業の効率を改善する一手法として、人工浮漁礁(パヤオ)が沖縄県や太平洋沿岸で活用されている。錨を海底に沈めて係留していても、浮漁礁は波によって数 kmの範囲を移動するため、夜明け前のうねりや悪天候時には、発見するのに多くの時間や燃料を浪費することがあった。IoT活用による漁場選択支援システム「SaaS型サービス パヤオナビ」により、浮漁礁位置情報の活用による燃料費低減に加えて、潮流情報により適正な漁場選択を平易化して収益向上を実現できる。さらに、従来の漁場選定に関する漁師の勘と経験を可視化することで若年層漁師へ円滑に技能を承継できる。
リージョナルフィッシュ、奥村組、NTT ドコモ、岩谷産業バナメイエビのスマート養殖最適パッケージ化の実証試験

陸上養殖、遠隔監視

京都
200トン⽔槽3基を⽤いて、同時に閉鎖循環式養殖とバイオフロック養殖を実施する。各⽅式のメリット・デメリットを抽出し、最適な養殖⽅式の選択および改良の⽅向性を模索する。NTTドコモは、⽔温、溶存酸素、塩分、pH 等の⽔質測定データを、「ウミミル」アプリを通してスマートフォンでも確認できる。また他社センサーデータを API 連携にて「ウミミル」で提供する。
FullDepth産業用水中ドローンを用いた港湾施設点検の実用化実験

ドローン

静岡
国交省が公募した「海の次世代モビリティ利活用に関する実証事業 」において、産業用水中ドローンが採択され、機器の提供とROV(遠隔操作型無人潜水機)の使用に関する技術的な指導を実施する。産業用水中ドローンを用いて、ローカルシェアモデルで潜水士による点検作業の一部である目視検査と写真撮影の業務を代替することで、潜水士作業の効率化や作業負担軽減を図り、標準化された作業として実用化を目指す。ローカルシェアモデルとは水中ドローン利用者の機器導入に係る負担や投資リスクを抑制するため、一定の地域内の企業で機器を共用(シェア)し、幅広い業務に活用することを目指す仕組みのこと。
東日本電信電話、岩商、九州テンIoT技術を活用し、温泉水を利用したトラフグ養殖

陸上養殖、遠隔監視

栃木
水質計、QRIoT(九州テン社のIoTゲートウェイ)及びギガらくカメラを温泉トラフグ養殖場の一部のプールに設置し、養殖プール内の水質(pH、酸素濃度、塩分濃度、水温)を常時計測し、データ化する。また、通信ネットワークやモニター・タブレットを通じ、遠隔から養殖プールのリアルタイム監視することで、基準値と大きな乖離が発生した場合には早急な対処を可能とし、斃死率低下を図る。加えて、従来方式で水質検査を実施する養殖プールの水質データ比較、養殖魚の斃死率の比較、成長の比較、業務の運営効率性などを比較検証した。
ウミトロンUMITRON CELL(スマート給餌機)

遠隔管理

愛媛
スマートフォン・クラウドを活用した生簀の遠隔餌やり管理が可能な水産養殖向けスマート自動給餌機。遠隔管理により、現場作業を軽減し、休憩・休息の自由度を向上する。天候不良時等の危険な環境下での洋上作業が短縮できる。遠隔で摂餌状況の確認でき、ムダ餌が削減できるので、環境負荷を低減できる。食の安定供給につながる。生育データ蓄積による業務プロセスの体系化、生産ノウハウの伝承ができる。生産現場の見える化によりトレーサビリティを向上し、一般消費者へアピールできる。
鳥羽商船高等専門学校漁業者と連携したAIを活用した伊勢湾の藻場の可視化・保全

ドローン

三重
藻場の減少により、生態系の崩壊が漁獲量減少の原因である可能性が高く、それぞれの相関について検討するために藻場の分布状況を閲覧・分析できるシステムを構築する。 藻場の分布地図を作成するために空中ドローンおよび水中ドローンにより水中映像を活用し、自動で藻場を抽出する。また、海洋観測ブイを活用し海況情報と紐付けを行い、さらには漁獲量との関係を分析可能にする。
炎重工、宮古市Marine Droneによる密漁対策社会実験

ドローン

岩手
水上作業の自動化、効率化を目的に開発した水上ドローン「Marine Drone(自動運転船舶ロボット)」を活用した密漁対策の社会実装実験を、岩手県宮古市協力のもと開始する。密漁は、平日や土日も関係なく、夜間に行われることも多いため、監視などの対策に大きな労力を要する。この事業では、Marine Droneと遠隔操作システム、密漁対策に有効な機器を連動させることで、密漁被害の低減を狙うとともに、従来よりも監視などの対策における省人化や低コスト化を目指す。
アイエンターi-ocean(IoT水質センサー)

遠隔監視、AI

東京
IoT水質センサーは海面養殖や陸上養殖、河川や池の水質を24時間Webで管理することができるサービスで、水温や、溶存酸素、塩分濃度、pH、濁度、クロロフィル、アンモニウム等の値を計測することが可能。特長は場所によって計測センサーを選ぶことが可能で、そのため費用も最小限で抑えることができる。計測したデータは、リアルタイムにグラフや数値などをパソコンやスマートフォンで確認ができ、データを保存することも可能。また、各現場に合わせて給電方式や筐体カバー等を変更することができる。このIoT水質センサーを導入することで過去のデータを可視化、蓄積、分析を行うことで水質変化の予測や、異常が起きたときにリアルタイムアラートが出るため環境変化で起こる死滅などの損失を防ぐことが可能となる。
シー・エフ・デー販売、NTTドコモ5G・水中ドローンを活用した漁場遠隔監視

ドローン

愛知
5Gの大容量通信により水中ドローンが撮影する海中の高画質な映像を遠隔地にいるユーザーのアプリケーションへ伝送する。オペレーターが遠隔地から水中ドローンを操作し、5G による大容量・低遅延通信で養殖現場の水中映像を伝送、生産物の生育状況確認を行うことに成功した。
荏原、リージョナルフィッシュスマート陸上養殖

陸上養殖、遠隔監視、AI

京都
AI/IoTにより魚の状態や水温・溶存酸素等の変化を読み取り、自動もしくは遠隔操作で飼育環境の最適化や給餌/清掃を行う閉鎖循環式システムを開発。さらにろ過技術や水槽設計により、飼育環境を自律的に維持して、エネルギーコストの削減を目指す。エネルギー供給を、工場排熱やクリーンエネルギーを用いてサステイナブルに供給する。さらに排出される有機窒素を回収し、肥料等に還元することで、廃棄物を有効利用する。
福伸電機Smart Feeding System(自動給餌機)

遠隔監視、AI

兵庫
給餌作業や給餌機の操作が遠隔地からでもリモートで行える。摂餌状況等はカメラで確認することが可能。養殖場の環境数値と摂餌実績が見える化できる。これらの数値変化を把握して高精度の給餌管理が実現できる。AIにより、ブリなどの自動給餌や魚体の成長状況を管理する機能を追加し、養殖魚の原価管理、資産管理を容易にする。
豊田通商、日本電気クロマグロ幼魚のサイズ測定自動化サービス

遠隔監視、AI

長崎
従来のサービスではクロマグロは60cm以上の成魚のみが対象だったが、本サービスでは測定対象サイズを20cm以上に拡大するとともに、クロマグロの幼魚であるヨコワの魚体形認識精度を上げ、ヨコワのサイズ測定においても高い測定精度を実現した。本サービス導入によって、より正確な情報を基に、給餌量や水揚げ時期を決定できることによって、養殖業の生産性が大きく向上する。
電通、電通国際情報サービスTSUNA SCOPE

AI

東京
マグロの尾の断面から、瞬時に品質を判定するAI。大量の断面画像データと、熟練の職人による品質判定データのディープラーニングにより、職人の目利きをAIが実施する。
マルハニチロ、Tokyo Artisan Intelligence尾数計数システム

遠隔監視、AI

神奈川
AIによる画像処理技術を用いた養殖魚の尾数を自動で計数するシステム開発を行い、ブリ・カンパチを養殖する桜島養魚において、運用を開始した。魚体をカメラで撮影し、FPGA(Field-Programmable Gate Array:目的に合わせ内部ロジックを作りこめる汎用IC(集積回路))ボードで判別して、WiFiでタブレットに送信する。
レイヤーズ・コンサルティング、NTTドコモ、NECネッツエスアイ、東京大学漁業分野におけるローカル5G等の技術的条件及び利活用に関する調査検討

ドローン

広島
ローカル5Gを活用し、機能性能の異なる2機種の水中ドローンを使用し高精細映像伝送を行うことで、養殖場における海中状況を可視化し、また、センサーによる環境データの取得が可能なシステムを構築することで、地域課題解決に向けた取り組みを推進する。
ウミトロンUMITRON LENS(スマート魚体測定システム)

遠隔監視、AI

大分
AI・IoT技術を活用し、ポータブルの撮影用カメラとスマートフォンアプリでの操作によって、水中にいる魚のサイズを自動で測定し、クラウドでのデータ管理が可能な水産養殖向けスマート魚体測定システム。大分県のブリ養殖場で、小型のステレオカメラとAIを活用して、水中の魚のサイズを自動計測し、通信機能によってクラウドとデータ連携することで、魚の成長確認を容易にし、労働の省力化や収益性の向上、経営安定性に貢献する。
北海道奥尻町、はこだて未来大学高収益漁業支援

遠隔監視

北海道
うみのレントゲン技術で、磯根資源(ウニ、アワビ、ナマコ)の漁獲と保護を見える化する仕組みを構築する。うみのアメダス技術の海洋情報と磯舟( 85 艘)の操業位置をGPS情報で把握し、ベテラン漁師の技を継承できる体制を構築する。位置情報及び海洋観測情報から海難の早期検知・発見が可能となり、安心して操業できる体制を構築する。
愛媛県愛南町ICTブイ

遠隔監視

愛媛
ICTブイによるデータ(プランクトン量(クロロフィル)、溶存酸素量、水温)取得とデータ分析による赤潮発生予測。データはネットワークで配信するほか、赤潮発生時にはあらかじめ登録された生産者の携帯電話等へ緊急メールを送るシステムを構築している。このシステムの導入により、赤潮が発生した際には、生産者は餌止めや生簀の移動等の赤潮対策を早くとれるようになり、赤潮被害の軽減につながっている。
徳島県海陽町、宍喰漁業協同組合、リブル、徳島大学、KDDIあまべ牡蠣スマート養殖事業

遠隔監視

徳島
IoTセンサー機器で「水温」「カゴの揺れ」「濁度」の情報を収集、クラウド上へ蓄積し、データ分析を行う。これにより、効率のよいカキ生育ノウハウを確立し、カキ養殖の安定化と効率化を目指す。漁業者はスマートデバイス上の「養殖管理ツール」に、各カゴに入っているカキの養殖期間、大きさ、個数などその日の作業内容を入力することで、養殖場にいながら作業日誌を更新することができる。データはクラウド上に保管され、一覧で表示できるため、管理作業の効率化を実現する。
双日ツナファーム鷹島、NTTドコモ、電通国際情報サービス、アラヤ海洋IoT

遠隔監視、AI

長崎
IoT技術を備えたセンサとアプリケーションにより、水温、塩分濃度、酸素濃度などのデータを可視化、AIによりデータの相関性・関連性を分析する。加えて、画像解析技術を活用した個体数の自動カウントにより、養育個体数の把握の作業の効率化と正確性を向上させた。これにより、マグロ生育における給餌量やタイミングなど養育方法の最適化、生簀環境の改善や、適正な出荷量・出荷時期等の決定、売上予測等の精度向上および、コストの適性化などを図った。