会社名・組織 : 東急電鉄、阪急電鉄、東京工業大学
方式・名称  : 列車内の混雑状況の可視化実証実験

IoT データ処理 分析に関する記事

「列車内の混雑度解析技術」の精度を検証するもので、列車内の混雑情報を可視化して乗車前の利用客にリアルタイムで提供することにより、混雑度が低い車両への乗車を促し、できるだけ混雑を避けたいという利用者のニーズに応えることを目指している。列車に乗車している利用者が持つスマートフォンのブルートゥース信号を、駅に設置した「混雑解析装置」で取得し、クラウド上のAIにて混雑状況を解析する。AIの解析精度を高めるため、駅のホーム上から「高速度カメラ」で撮影・測定した混雑状況なども組み合わせて、AIのチューニングを行う。

URL : https://www.tokyu.co.jp/company/news/list/Pid=post_383.html

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • 日付
  • 2022年1月実施
  • リリース日
  • 2022/01/01
通信分類5