会社名・組織 : 西日本高速道路
方式・名称  : 状態監視技術を活用した設備管理

IoT データ処理 分析に関する記事

設備の維持管理の高度化を目的に、中国自動車道 七塚原サービスエリアの受配電設備において、ICT技術を活用した設備管理に着手した。漏電電流値を詳細に把握する絶縁監視システムや部品の動作状態を詳細に監視し劣化を検出する自己診断システムを導入した。これにより、故障発生前の予兆を捉え適切に対処することができ、設備の機能停止を未然に防ぐこと、また、停電を伴う点検(絶縁測定)を1回/年から1回/3年の頻度に削減することが可能となった。

URL : https://corp.w-nexco.co.jp/corporate/release/hq/r3/1222/

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 広島
  • リリース日
  • 2022/01/01
通信分類5