会社名・組織 : 丸紅、LineVision(米)、三峰川電力
方式・名称  : ダイナミックレーティングによる送電線運用の効率改善

IoT 各種システムに関する記事

LineVisionは、送電事業者が送電線を将来に亘って安定的に保守・運用する為に必要となる、リアルタイムのモニタリングとデータ分析を提供している。LineVisionの特許取得済みLiDARセンサーは非接触型である為、大掛かりな取り付け工事が不要で、送電線の運用に支障なく迅速かつ大規模に配備することが可能。センサーから収集されたデータは、送電線の健全性の把握や異常の兆候の検出に用いられる。また、得られるデータを解析し、周囲環境に応じてリアルタイムに送電容量を最大化することも可能となる。この技術はダイナミックレーティングと呼ばれ、送電線を新規に拡張することなく送電容量を増加させることができる。

URL : https://www.marubeni.com/jp/news/2021/release/00082.html

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 長野
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2021.11.16
  • リリース日
  • 2022/01/01
通信分類9_1