会社名・組織 : 日立造船
方式・名称  : ごみバンカ&ごみクレーン3Dシステムの撹拌度優先投入およびAI自動運転、AI技術を活用した自動燃焼制御システム

IoT データ処理 分析に関する記事

ごみクレーン情報を基に、ごみバンカ内のごみ情報を深さ方向まで三次元管理し、可視化できるようにした。撹拌度優先投入機能は、可視化した情報を基に、撹拌具合(撹拌度)が高いごみを優先的に投入することにより、安定燃焼に寄与する。また、AI自動運転機能は、搬入の有無によりアルゴリズムが異なるAIが撹拌・積上げ方法を策定する。清掃工場には、燃焼状態の変化に応じて焼却炉へ供給するごみや空気の供給量を自動で調整する自動燃焼制御(ACC:Automatic Combustion Control)が採用されているが、ACC のさらなる高度化に向けて、「正常維持モデル」と「異常回避モデル」という役割と特徴の異なる 2 つの AI モデルを開発した。

URL : https://www.hitachizosen.co.jp/newsroom/news/assets/pdf/41ac302915cf693ac5413a8f003941e0.pdf

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 大阪
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2021.11.9
  • リリース日
  • 2022/01/01
通信分類9_1