会社名・組織 : カゴメ、YE DIGITAL
方式・名称  : 夾雑物除去システム

IoT データ処理 分析に関する記事

YE DIGITALの開発したAI画像判定サービス(MMEye)を活用した夾雑物(トマトの変色部、皮、ヘタ)除去システムをカゴメの茨城工場に導入し、本格稼働を開始した。ダイストマトの画像からAIで夾雑物を判別し、ロボットでその夾雑物を除去する。産地を問わず1つの判別モデルで夾雑物検知を行うことでユーザ側の運用の手間を削減することができ、高い検知精度を実現した。また、検出した夾雑物を分類し、発生状況を分析・見える化を実現することで、夾雑物混入削減に向けた取り組みにつながる。

URL : https://www.ye-digital.com/jp/news/detail.php?id=287&year=2021

  • 業種分類
  • 食料品製造業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 茨城
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2021.11.4
  • 日付
  • 2021年11月本格稼働
  • リリース日
  • 2022/01/01
通信分類1