会社名・組織 : 富士通
方式・名称  : AI水管理予測システム

IoT データ処理 分析に関する記事

10分ごと6時間先までの水位をリアルタイムに予測するためのシステム。河川の測量データや大量の過去の観測データを必要とせず、河川測量が実施されていない地点や、水位計など観測設備の整備が不十分な河川についても水位を予測できる。水位予測に利用するデータは、予測雨量と現在の雨量、水位データの3つ。予測雨量は、気象庁発の「降水ナウキャスト」と「降水短時間予報」の1kmメッシュごとの予報雨量の位置情報から算出する。

URL : https://dcross.impress.co.jp/docs/news/002231.html

  • 業種分類
  • 公共
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日本経済新聞
    2021.10.29
  • リリース日
  • 2021/12/01
通信分類9_1