会社名・組織 : 平賀建設
方式・名称  : i-Constraction

IoT 各種システムに関する記事

ドローンに搭載したカメラやレーザースキャナー、地上レーザースキャナーを使用して測量を行う。測量した結果を3次元座標値の集合からなる点群データ化する。点群データを3次元CADにより点から面にモデリングし、施工後の形状や施工量(切り土、盛り土量)を自動算出。設計時に作成した3次元データを使用して、ICT建機のオペレーターにショベルの位置決めなどを指示するマシンガイダンス、さらにはマシンコントロールによる自動制御を行う。ドローンなどによる3次元測量を活用した検査などにより、出来形の書類が不要となり、検査項目を削減。

URL : https://smartiot-forum.jp/iot-val-team/iot-case/case-hiraga

  • 業種分類
  • 建設業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 山梨
  • 出典
  • スマートIoT推進ラボ実施例
  • リリース日
  • 2022/01/01
通信分類9_1