会社名・組織 : 荏原製作所、ブレインズテクノロジー
方式・名称  : リアルタイム統合ログ管理基盤

IoT データ処理 分析に関する記事

荏原製作所のシステム運用保守部では、システムをホストからオープンアーキテクチャに移行した際、多種多様なシステムが分散環境で稼動し始めると、定量的なデータに基づくシステム増強計画の立案が困難な状況となっていた。データボリュームに対してコストパフォーマンスが高いだけでなく、統合ログ管理機能(Grasper)に加えて、機械学習による異常検知機能へアップグレード可能な事からImpulseを採用した。段階導入を採用し、まずは基幹系の一部システムに対象を絞ってログの収集・分析基盤を構築した。一定の導入効果を得られたので、対象業務システムを拡大し、60種別400ログ、1日3000万件にもおよぶ統合ログ管理基盤を構築した。

URL : https://www.brains-tech.co.jp/case/case07-ebr/

  • 業種分類
  • 情報通信業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2021/09/01
通信分類9_1