会社名・組織 : 大成建設、IIU
方式・名称  : T-iSafety Operator(建設機械オペレータの見守りシステム)

IoT 各種システムに関する記事

建設機械の操縦席に設置したカメラの画像データを基に、AIが建設機械オペレータの不安全行動を自動検知し、警報を発信して建機災害を未然に防ぐ見守りシステム「T-iSafety Operator」を開発した。音声や警告灯が点灯する警報装置を連動させることができ、不安全行動に対して建機オペレータに直接注意を促す。その結果、自らの安全確保や作業員との接触など建機災害を防止することが可能となる。既存のカメラ、警報装置(スピーカー、パトライト)、制御用小型PCで構成されており、全てが小型軽量であるため、様々な建設機械への設置、取り外し、後付けでの対応を容易に行えるなど高い汎用性を有している。

URL : https://www.taisei.co.jp/about_us/wn/2021/210816_8411.html

  • 業種分類
  • 建設業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日本経済新聞
    2021.8.11
  • 日付
  • 2021年8月開発
  • リリース日
  • 2021/09/01
通信分類9_2