会社名・組織 : エネルギア・コミュニケーションズ、山梨大学、サンワファーム、ドリームファーム、arrow、ひろぎんエリアデザイン
方式・名称  : ぶどうの栽培にAI搭載のスマートグラスを活用する実証

IoT 農業に関する記事

スマートグラスを装着するとぶどうの粒数をAIが自動で推定し、グラス内側に表示する。スマートグラスを活用すれば初心者でも粒数が分かることもあり、人による摘粒のばらつきを抑えることにつながる。画像データをAIに追加で覚え込ませることで粒数推定の精度をあげるほか、どの実をとるべきかを色分けしてグラス内に表示できる仕組みに発展させる。

URL : https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC19C1C0Z10C21A8000000/

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 広島
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2021.8.30
  • リリース日
  • 2021/10/01
通信分類9_2