会社名・組織 : Cellid、大林組
方式・名称  : 高精度3次元位置情報の施工デジタルツイン環境へのリアルタイム統合

IoT ネットワークに関する記事

建設現場において、AR技術 Cellid SLAM”を用い、複数作業員のヘルメット装着カメラ映像から3次元位置情報を正確に推定し、大林組の施工デジタルツイン環境にリアルタイム反映させることに成功した。BIM/CIM(施工デジタルツイン)と位置情報の統合を実現したことで、工事プロセスに対し、どれだけ人数・工数がかかるのかを定量的に把握することが可能となり、生産性向上を進めるうえで、一番重要な“物差し”を手に入れることができた。

URL : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000030718.html

  • 業種分類
  • 建設業
  • 製品分類
  • ネットワーク
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2021/10/01
通信分類7