会社名・組織 : ウインズソフト
方式・名称  : Roxy AI(検査AI)

IoT 製造業に関する記事

正常品と少数の不良品を学習し高精度な検査を実施する。必要なサンプル数は正常品100個、不良品を種類毎に30個程度。正常品と不良品の特徴を学習することで高精度な検査を実現する。目視検査できる人であれば、簡単に短時間でAIを作成可能。パラメーターチューニングではなく、精度をあげるプロセスを重視する。AIの学習状況や出来栄えを可視化し、AIの感度を実際に触って確認できるので、誤検出や見逃しの原因を確認し対策が打てる。

URL : https://www.winsft.jp/solution/ai%e3%83%bbiot%e5%8c%96/p962/

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 愛知
  • リリース日
  • 2021/10/01
通信分類9_2