会社名・組織 : 日本コンピュータビジョン、サッポロ不動産開発、AWL
方式・名称  : Mercury Cloudを利用したAI広告実証実験

IoT データ処理 分析に関する記事

AWLが提供するAIカメラ搭載のサイネージソリューション「AWL Lite」は、来場者の顔特徴から属性を分析し、⼤型サイネージ上に、来場者の属性に合わせた商業施設のテナント広告を表⽰する。 また、日本コンピュータビジョンの顔認証クラウドサービス「Mercury Cloud」を利⽤して、当該来場者の顔特徴データを基に、広告をご覧頂いた来場者の各テナントへの来店⼈数をカウントする。

URL : https://www.japancv.co.jp/news/4031/

  • 業種分類
  • 卸売業、小売業 ビル・住宅 宿泊業・飲食サービス業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 北海道
  • 日付
  • 2021年10月実施
  • リリース日
  • 2021/10/01
通信分類9_1