会社名・組織 : 大阪府豊中市、愛知時計電機
方式・名称  : 水道スマートメーター実証実験

IoT 各種システムに関する記事

水道スマートメーターを活用することにより、水道使用量の自動検針や漏水の早期発見などが可能となる。今回の実証実験では、利用者側での使用水量の見える化など付加できるサービス内容の検討を行うとともに、通信強度の確認などを行う。市立小・中学校施設の大口径(φ50mm~100mm)11カ所と戸建住宅・マンション居宅の小口径(φ13mm~ 25mm)10カ所にスマートメーターを設置し、口径によるメーターの位置・材質の違いに伴う通信状況の確認を確認する。

URL : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000096.000078420.html

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業) 公共
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 大阪
  • 日付
  • 2021年9月開始
  • リリース日
  • 2021/10/01
通信分類7