会社名・組織 : アイ・シー・ジー
方式・名称  : 劣化表情(屋根劣化判定システム)

IoT 住宅に関する記事

AIを活用して航空写真から屋根の劣化状況を判定するシステム。システムを通じて収集したビッグデータ(大量データ)を地域などエリアごとにまとめ住宅1軒当たり200円で不動産業界や建築業界、保険業界などに提供を始める。半年で約1万件の屋根の劣化状況の判断基準をAIに学習させた。この基準を基に航空写真から屋根の劣化状況を自動判定することを可能にした。修理業者と施主の双方が理解しやすくするため、劣化進行度の判定はパーセンテージで表示する。

URL : https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00609313

  • 業種分類
  • ビル・住宅
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 従量課金
  • 対応地域
  • 千葉
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2021.8.24
  • 日付
  • 2021年9月販売開始
  • リリース日
  • 2021/10/01
通信分類9_1