会社名・組織 : シーエーシー、三井物産グローバルロジスティックス
方式・名称  : 自動封函機の異常検知AIアプリケーション

IoT データ処理 分析に関する記事

異常検知で自動封函機を即座に停止し、不適切な状態の箱の送付防止が可能になり、封函作業の品質が向上。送り状貼付前に当該箱をレーンから取り除けるため、再封函時にWMS(倉庫管理システム)更新等を行う必要がなくなり、再封函作業が効率化。AIモデルが学習を繰り返すことで、箱デザイン等の変更の影響を低減。AIモデル開発に必要な数千枚の画像データ収集、自社ツールによるアノテーション(教師データの作成)を高速で稼働し、かつ精度の高いAIモデル開発で必要な基本構造(バックボーン)選定、パラメーターのチューニング等を実施しながら、独自のAIモデル開発を行った。

URL : https://www.cac.co.jp/case/mgl-2.html

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 神奈川
  • リリース日
  • 2021/11/01
通信分類1