会社名・組織 : 東京海上日動火災保険、東京海上日動リスクコンサルティング(TRC)、防災科学技術研究所(防災科研)
方式・名称  : 自治体向け水災危険度予測システム

IoT データ処理 分析に関する記事

防災科研が保有する過去の雨量データや降雨再現期間情報(大雨の稀さ情報)等の自然災害に関するデータを、東京海上日動と TRC が保有するシステム基盤に取り込み開発した。このシステムは、豪雨が発生した際の初動のタイミングにおいて、自治体の適切な意思決定をサポートし、地域住民の被害を最小限に抑えることを目指している。地域住民から得られるSNS情報(写真・コメント等)を AI が解析、リアルタイムで収集する降雨観測結果や地域固有の各種データとあわせてシステムに取り込むことで、浸水被害が発生するエリアを即時に推定し、システム上にリアルタイムで危険度を表示する。

URL : https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/210409_01.pdf

  • 業種分類
  • 公共
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • ライセンス供与・レンタル、リース・保険
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2021.8.31
  • リリース日
  • 2021/10/01
通信分類9_1