会社名・組織 : ソフトバンク、九州大学、アイエスジー
方式・名称  : LPガス容器の配送最適化の共同研究

IoT 各種システムに関する記事

LPガス容器の配送最適化を実現するためには、スマートメーターから収集できるデータや、LPガス事業者が保有する人員・車両情報などを基に、ガスの残量を予測して配送計画を立てた上で、効率的な配送ルートを策定する必要がある。こうした一連の流れをAIで自動化・効率化するために、九州大学MI研究所が、ガスの残量予測モデルと配送計画・ルート策定モデルの二つのAIモデルを作成し、ソフトバンクがこれらをワンストップで活用できるシステムを開発した。

URL : https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2021/20210913_02/

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 千葉
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2021.10.4
  • 日付
  • 2021年9月開始
  • リリース日
  • 2021/12/01
通信分類5