会社名・組織 : 朝日航洋、損害保険ジャパン、メインマーク・ストラクチュアル・コンサルティング、埼玉大学
方式・名称  : ICTセンシング技術を活用した災害発生の予兆検知、防災、減災に資する保険商品開発に関する共同研究

神奈川県藤沢市内の法面、急斜面等にICTセンサーを設置し、平常時および自然災害発生時の状態および振動や傾斜などのデータによる災害予兆(異常)を常時計測する。また、災害予兆(異常)が検知された際に、自治体による避難指示や通行止めなどの事前対策の策定や、その事前対策に係る費用等を補償する保険商品の開発を検討する。本共同研究を踏まえて、ICTセンシング技術の活用とICTセンサーから得られたデータと連動した防災・減災に資する保険商品の提供を目指す。

URL : https://www.aeroasahi.co.jp/news/detail.php?id=428

  • 業種分類
  • 公共
  • 製品分類
  • マネジメント
  • サービス分類
  • ライセンス供与・レンタル、リース・保険
  • 対応地域
  • 神奈川
  • 日付
  • 2022年1月開始
  • リリース日
  • 2021/12/01
通信分類9_1