会社名・組織 : あいおいニッセイ同和損害保険、バカン
方式・名称  : cmap(リアルタイム被害予測サイト)で避難所混雑情報を公開

IoT 各種システムに関する記事

あいおいニッセイ同和損害保険のリアルタイム被害予測ウェブサイト「cmap」およびアプリ上で、バカンが配信する全国150超の地方自治体が運営する避難所1万カ所以上の混雑情報を閲覧できるようになった。cmapは、被災規模の早期把握や迅速な救助・支援活動に貢献を目的として、台風・豪雨・地震による被災地域の被災建物棟数を最新の気象観測データに基づき現在進行形で予測し、無償公開するシステム。利用者は、cmapにスマートフォンやPCからアクセスすることで、災害発生時には避難所のリアルタイムの混雑情報や位置を地図上で確認できる。​

URL : https://jp.techcrunch.com/2021/08/05/vacan-aioinissaydowa-cmap/

  • 業種分類
  • 金融業、保険業 公共
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • ライセンス供与・レンタル、リース・保険
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2021/08/01
通信分類7