会社名・組織 : 会津SamuraiMaaSプロジェクト協議会、会津乗合自動車、みちのりホールディングス
方式・名称  : リアルタイム混雑情報発信の実証実験

IoT 各種システムに関する記事

会津若松市内で会津バスが運行するまちなか周遊バスでリアルタイム混雑情報発信の実証実験を実施する。ブルートゥースローエナジー(BLE)スキャンを搭載したタブレットで、計測アプリを使って、乗客が持つスマートフォンなどが発しているブルートゥース信号の検知数に応じて、リアルタイム混雑度をウェブサイト上で配信する。混雑度は「青=空席あり」、「黄色=立ち客あり」、「赤=立ち客多い」の3段階で、混雑度に応じた色のアイコンを路線図上で表示する。

URL : https://response.jp/article/2021/04/26/345316.html

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 福島
  • リリース日
  • 2021/06/01
通信分類2