会社名・組織 : 東急建設、石坂産業
方式・名称  : 廃棄物自動分別ロボット

IoT データ処理 分析に関する記事

ベルトコンベア上を連続搬送される建設混合廃棄物をカメラで撮影し、カラー画像と距離画像から深層学習(ディープラーニング)による解析技術で廃棄物の種類と位置を特定して、対象物のみをロボットアームでピッキングし、ボックスへ回収する。 重なり合った(複層)状態の廃棄物から最上層にある廃棄物を識別できるため、廃棄物を間隙のあるまばらな単層状態にしなくても選別が可能で、既存の搬送ラインに設置することができる。 また、搬送速度40m/分までのベルトコンベア速度に対応できるため、ロボット導入による処理能力低下を抑え、他の処理工程への影響を防ぐことが可能。

URL : https://www.tokyu-cnst.co.jp/topics/assets/20210107newsletter.pdf

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 部品販売
  • 対応地域
  • 埼玉
  • リリース日
  • 2021/05/01
通信分類9_2