会社名・組織 : バカン
方式・名称  : リアルタイム空き情報プラットフォーム

IoT 各種システムに関する記事

浴場の脱衣所入り口などに人の出入りを自動でカウントするステレオカメラを設置し、混雑状況を自動的に更新する。この方式は、浴場や脱衣所のように、プライバシーへの配慮から室内にカメラを設置できないケースに有効である。フロントやラウンジを見渡せる位置に小さなカメラを設置し、取得した画像をAIで解析することで混雑状況を自動的に更新する。AIカメラでは、人数のカウントだけでなく、人の密度や分布を加味した混雑状況の判定を行うことができる。空き、やや混雑、満の3種類のボタンがついた専用IoTボタンを人が操作することで混雑情報を更新する。これらの情報より、混雑状況をサイネージやPC 、スマホで確認することができる。

URL : https://smartiot-forum.jp/iot-val-team/iot-case/case-vacan

  • 業種分類
  • 卸売業、小売業 ビル・住宅 宿泊業・飲食サービス業 生活関連サービス業、娯楽業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • スマートIoT推進フォーラム
    IoT実施例
  • リリース日
  • 2021/02/01
通信分類5