会社名・組織 : 大林組、日野自動車
方式・名称  : 大型ダンプトラックの自動運転実証実験

IoT 各種システムに関する記事

夜間の建設現場で稼働する現場内の搬送ダンプに、自動運転車を1台導入し、有人ダンプと自動運転車が混在した交通下における運行への影響や全車自動運転車だけでの運用を検討した。ベース車両である大型トラック「日野プロフィア」に自動運転技術を搭載し、約1.3kmを最高30km/hで走行した。車両の走行位置や経路は、GNSS(Global Navigation Satellite System:全地球衛星測位システム)データ、カメラ、LiDAR(Single Photon Avalanche Diode Light Detection And Ranging)で把握し、前走車がいる場合は全車速ACC(Adaptive Cruise Control:車間距離制御装置)で安全な車間距離を保ち、人および障害物を検知すると停止する。

URL : https://www.hino.co.jp/corp/news/2020/20201027-002717.html

  • 業種分類
  • 建設業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 三重
  • 日付
  • 2020年11月~12月実施
  • リリース日
  • 2021/02/01
通信分類7