会社名・組織 : センシンロボティクス、中部電力パワーグリッド
方式・名称  : ドローンを用いた送電設備自動点検技術の実設備での検証

IoT データ処理 分析に関する記事

ドローンと設備の間の安全な離隔距離を確保したうえで、設備異常が判別可能な画像を撮影するルートおよびカメラアクションを自動作成する技術を確立した。ドローン運行制御ソフトと送電設備自動点検技術を組み合わせることで、鉄塔(支持物・がいし)と架渉線(架空地線・電力線)を一括で自動点検することが可能となった。なお、センシング技術を新たに搭載する等の機体カスタマイズは施さず、市場に流通している一般的なドローンを使用している。

URL : https://www.sensyn-robotics.com/news/chuden-pg

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 愛知
  • リリース日
  • 2021/04/01
通信分類7