会社名・組織 : アグリハブ、農業協同組合
方式・名称  : AGRIHUBクラウド(農薬適正使用管理システム)

IoT 農業に関する記事

個人農家向け農作業管理アプリ「アグリハブ」は全国農業協同組合連合会(JA全農)提供の営農管理システム「Z-GIS」へ向けたサービスを開始した。アグリハブに登録している農家の圃場情報がZ-GISの電子地図上で可視化可能となり、これまで分散管理されていた情報を、圃場情報をもとに一元化できる。また農家は、Excelベースでデータの集約や分析に特化したZ-GISと、農業日誌や農薬使用データをアプリを使って記録できるアグリハブの両サービスを円滑に利用できるようになり、さらなる作業性や生産量の向上、ひいては売上の向上につなげられるとしている。

URL : https://jp.techcrunch.com/2020/10/30/agrihub-z-gis/

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2021/03/01
通信分類7