会社名・組織 : 東京エレクトロンデバイス、信和産業
方式・名称  : 高速AEモニタリングシステム

IoT データ処理 分析に関する記事

CX-Mは予知保全や品質改善を目的に、設備の異常検知、故障予測のための時系列データ分析作業と推論モデル(AI)生成を自動化するマシン。従来データ分析の専門家(データサイエンティスト)が行っていた分析作業(データ前処理、特徴抽出、機械学習による推論モデル(AI)作成)およびプログラム開発作業を自動化し、素早いデータ活用を実現する。信和産業社が提供する高速AEモニタリングシステム「EDGE NODE DISCOVERY MG」は100マイクロ秒でAE波の計測が可能で、高速に動作するプレス機の状態をモニタリングできる。この「EDGE NODE DISCOVERY MG」と東京エレクトロンデバイスが提供する「CX-M」を組み合わせて使用する。

URL : https://www.teldevice.co.jp/pro_info/2020/press_210330.php

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2021/04/01
通信分類5