会社名・組織 : MODE Inc.(米)
方式・名称  : エッジ処理用IoTゲートウェイ

処理能力の高いゲートウェイハードウェアとソフトウェアを組み合わせることで、カメラ動画のAI解析をエッジ側で行うことが可能となった。複数メーカーのカメラからクラウドへ動画の収集が可能で、ハードウェア対応の部分の負担が大幅に軽減される。カメラやセンサーからのデータに対し、エッジ側で処理を行うことが可能なゲートウェイソフトウェアを提供し、カメラからの動画ストリームに対しAI画像処理を行うシステムの稼働が短期間で可能になる。機器の稼働開始後も、遠隔からシステムアップデートや、AIモデルの更新が可能。これにより業務レベルで利用できるシステムの構築が可能になる。

URL : https://www.tinkermode.jp/product/gateway-software

  • 業種分類
  • 製造業 インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • エッジ
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • アメリカ
  • リリース日
  • 2021/03/01
通信分類9_2